病院で使用される電子カルテの魅力

病院で使用される電子カルテのメリットを紹介します

病院で使用される電子カルテの特徴

病院でのカルテ作成は紙に記入する方法が主流でしたが、最近では電子カルテを導入する病院が増加傾向となっています。医療においてもIT化されることで、管理体制が簡単になり時間や場所といった制約がなくなることが期待されています。パソコンがあることで、診察室や検査室などの場所を問わず患者のカルテを閲覧することができます。また、電子カルテに移行することで、カルテを保管する場所が必要なくなります。患者が必ず行なう受付の手続きもスムーズになることから、受付スタッフが膨大な量からカルテを探す作業を減らすことが可能です。病院に電子カルテを導入することで医師だけではなく、病院内に関わるスタッフの効率化を図ることができます。結果、導入することで多くのメリットをもたらすことが可能です。

病院で電子カルテを導入するメリットとデメリット

病院に電子カルテを導入することで様々なメリットとデメリットが共存しています。病院内の効率化を図り便利に活用するためには、いくつかの問題点があることも考慮して検討することが大切です。電子カルテを活用することで第一に言えることは、正確なレセプトとカルテの作成が可能なことです。検索も簡単に行えることから、患者さんを待たせることなくカルテ表示をすることができます。紙カルテのように、出して元に戻す作業がいらないので今までかかっていた手間を省くことが可能です。検査センターと連携することができるので、検査の指示から結果までの一連の流れをスピーディに行えます。その一方で、パソコンの操作が乏しい医師では慣れるまでに時間がかかるというデメリットがあります。また、パソコンが故障してしまうと業務が行えなくなってしまう恐れがあるので、5年を目安としたシステム変更が重要です。

数ある病院や医師に選ばれ続けている電子カルテの特性

電子カルテと一言で言っても、様々な機能や性能を搭載したものがあります。自身のパソコン操作や、病院での目的を照らし合わせながら選ぶことが重要です。数あるなかでも多くの医師に選ばれている電子カルテの特性には、キーボード操作がほぼいらずマウス操作だけで行なえるという簡単操作なことが言えます。紙カルテに近い画面構成となっているので、把握しやすく操作しやすくなっています。豊富な機能で、あらゆる診療科に対応が可能です。複数の患者のカルテを同時に開くことができ、家族間での病歴を把握することができます。別の病院や他の診療科に通う患者さんのカルテを情報共有できることから、患者さんが医師に伝える煩わしさを軽減することも可能です。導入前に使用してみたい方には、無料のデモンストレーションが用意されているので便利に活用できます。