病院で使用される電子カルテの魅力

病院で使用される電子カルテのメリットを紹介します

病院で電子カルテを使うメリット

近年、電子カルテを採用する病院がますます増えています。電子カルテとは、今まで紙であったカルテを電子化したものです。電子カルテを活用する大きなメリットの一つに、情報の共有化があります。病院では、診療情報を部門ごとに共有することで、リアルタイムに患者の状態を確認することができます。また投薬内容や検査データも一元的に管理できるので、紙のカルテに比べて業務が格段にスムーズに行えるのです。今までの紙のカルテでは、いちいちカルテのある場所に行かないと情報が分からないので、迅速性にも欠けていました。そこで、1つしかない手書きのカルテをコンピュータに入力して管理することで、カルテを保管するための場所を確保する必要もなく、カルテを探す時間が省けるために患者さんを待たせる時間が分少なくて済むので効率的です。

電子カルテには、いろいろなメリットがあります

病院で使用される電子カルテの魅力の一つに業務の効率化があります。誰かが一旦入力した情報は、連携する部門で共通して使え、それが電子カルテのメリットになっています。電子カルテによるシステムの連携がない場合は、患者の名前や医師の指示した内容を各部署でも再びコンピュータに入力する必要があります。しかし、システムの連携が行われれば、一度誰かに入力していただければデータは共通して利用できるため、入力ミスのリスクや再入力の手間を減らすことができとても便利です。さらに、患者の投薬内容も一目で確認でき、複数の診療科による薬の重複投与が発見し易くなるため、患者が今まで以上に安全に治療を受けることができるのです。 また、検査などの医師から各部門へのオーダも電子化され、紙の伝票で起こり安い転記のミスも激減するため、医療費ミスも起こりにくくなるという利点もあります。

電子カルテにはデメリットもあります

良いことずくめのように見える電子カルテなのですが、問題もあります。それは、ネットワークコンピュータがさらされる宿命とも言える不正アクセスの問題です。また、電子カルテを活用すると、カルテのベースとなる情報をコンピュータに入力したり、患者の新しい状況を付け加えたりしながら診察を行わなければならないため、誰もが必ずパソコンを使って仕事をする必要があります。近年、パソコンはかなり社会に普及していますが、誰もがパソコンが得意というわけではありません。そこで、電子カルテを活用する病院では、パソコンが得意でない医師を対象に、操作訓練を行っています。しかし、診察する医師がパソコンの入力にかかりきりになってしまい患者の方を向いていないとか、患者との対話が少なくなっているのではないかという声をよく耳にします。