病院で使用される電子カルテの魅力

病院で使用される電子カルテのメリットを紹介します

病院で利用されている電子カルテの種類

大規模な総合病院では電子カルテの導入による運営が増加の傾向にあります。数多くの患者の膨大な記録を迅速且つ適切に管理できることが最大の魅力であります。端末機器からの入力で多くの記録事項が短時間ででき、登録するまでは誤字による修正も可能なので、見やすいカルテになります。従来の紙のカルテは筆跡がサインのかわりとなり、誰が記録したものかがわかりやすく、誤って情報が上書きされる心配もありません。又、枠外への走り書きなどの小さなメモなど細かな点で使い勝手がよいことや、初期治療から現在までの経過の確認がし易いこともあり、カルテ数の少ない病院などでは従来の手書きカルテが使われているところもあります。しかし、災害などで消失した場合、カルテを復元することが非常に困難です。電子カルテは、使用者が端末を使っての操作になるので、このような場合が起こっても元のデータを失う心配がありません。

利便性の高い病院の電子カルテは運営にも貢献する

電子カルテのメリットは沢山あります。第一に、病院内で情報の共有ができ、システムにログインすれば、院内のどこでもすぐに閲覧できるところにあります。一つのカルテを複数の端末で使用できるので、各々のペースで仕事ができます。紙カルテの頃は別に保管されていた記録物等が電子カルテには全て集約されており、収集する手間が省けます。レントゲンやCT画像はフィルム代が不要になり経費削減にもなりますし、画像が拡大できるので、細かい部分まで確認することが可能です。又、医師の指示による投薬や処置方法がすぐに反映され、手早く対処できることから作業効率も上がります。入院患者の場合はネームバンドと連動させることにより、医療ミスの防止にも役立っています。これによって、少しでも多くの患者を診察治療することができます。又、待ち時間も少なくなるので、患者の体への負担も減ることにつながります。

病院の規模やシステムによって電子カルテを使い分ける

電子カルテは、診療報酬明細書を作るコンピューターとの関連で、医事一体型電子カルテと医事連動型電子カルテの2種類があります。一体型は、電子カルテへの入力データが直接レセコンに反映されるものです。医師が主体で運営している病院での導入が多いようで、診療点数を常時確認できるメリットがありますが、医師が医療事務の知識やスキルを得る必要があります。システムがダウンした場合は、電子カルテとレセコンの両方が使えなくなるリスクがあります。一方、医事連動型は、電子カルテとレセコンがそれぞれ独立しており、他のシステムを使用して連携させることができるので、システムがダウンするリスクを回避することができます。システムの変更も、使用しながら段階的に導入できるので、スムーズにバージョンアップができます。電子カルテとレセコンが独立で動くので、費用が2系統分必要になり、維持費が高くなりますが、病院に合ったシステムを好きなように組み合わせることができるので大規模病院の導入が多いようです。