病院で使用される電子カルテの魅力

病院で使用される電子カルテのメリットを紹介します

病院で使われている電子カルテのお値段

病院で医師から問診をうけ、触診され、医師や看護師さんがその状況や様子を書き留めるカルテには、手書きカルテと電子カルテがあります。医師が手書きで書いたあと、別のスタッフが電子カルテのフォーマットに書き換えている病院もあります。電子カルテは、大きな総合病院、大学病院などでは随分前から導入されています。さまざまな科と情報をシステム連動できますし、血液検査を血液検査専門のところでしたあと、そのデータが出たところで必要なセクションにすぐに届けられるのはかなりのメリットであると言えるでしょう。そのデータをプリントアウトすることや、パソコン画像で見ることが出来るのもメリットです。患者さんを治療するチーム間でデータが迅速に共有されるのはチーム医療にいい結果をもたらしてくれます。

過去のデータ検索や出し入れが迅速に行われます

カルテはその病院の患者の数だけありますが、そこには通院歴、先生の病気のみたて、処方した薬の内容など、たくさんの情報が書かれるため紙にすると、あっという間にひとりにつき数枚のカルテになってしまいます。昔のデータを見ようとすると、その何枚にもわたったカルテをペラペラめくりながら探すことになります。しかし電子カルテの場合は、日付や症状、薬名などで簡単に検索できてしまうのです。院内から紙カルテが減ることは、その分場所が開くわけですし、管理がしやすくなります。カルテの出し入れの時間も削減されますし、人材も削減できます。そして若い医師で、大学の勉強もパソコンなどを駆使していた世代の場合、データ化されていた方が使い勝手がいいはずです。医師によっては看護師さんでなく自分自身で入力しながら問診ができるというのも安心できるでしょう。

人件費と比べても納得の価格です

病院で使用されている電子カルテは、平均500万円ほどです。システムを構築して、運用のサポート体制も整えても大体それぐらいです。サーバーの種類や電子カルテが入力できるパソコンの台数にもよりますが、大学病院クラスだともっと事前費用がかかるでしょう。しかし、それぞれの科にいる人材をひとり減らすと考えると、すぐに元がとれる額です。もし院内が停電したり、サーバーが故障したりした場合は大変ですが、そのための無停電装置やセカンドサーバを利用するなどしてサポート体制を整えておくことができます。導入する電子カルテによっては診断書作成機能がついているものもありますので事務処理がスピーディーで、病院だけでなく患者さんにもスムーズに処理してもらえるというメリットがあります。会計窓口へも迅速にカルテ情報がいきますので待ち時間も軽減されます。