病院で使用される電子カルテの魅力

病院で使用される電子カルテのメリットを紹介します

実際に病院で使用されている電子カルテ

病院で使用されている電子カルテとは、今まで使っていた紙のカルテを電子化したものです。紙のカルテは量が増えていく一方で管理がどんどん大変になってきます。電子カルテにすることにより管理が不要になる事、紛失する事が少なくなるなどメリットと呼べるものが多数あります。先生によっては、文字が見えにくいことや見間違えといったトラブルも無くなります。再来院した患者のカルテを探す際も、今までは全て手作業で行っていたことが、病名や医師名、患者の名前などで検索が容易になります。こういったメリットからも大学病院などの大きい病院では電子カルテを導入するところが増えてきています。データ入力の為の学習会を医師や看護師に開かなければいけませんがそういった面倒な部分があったとしても、電子カルテの導入はメリットが多々あると言えます。

病院に電子カルテを導入した場合のメリット

病院に電子カルテを導入すると様々なメリットが発生します。当然、新しいシステムを導入するとなると費用は掛かってくるわけですが、その費用を差し引いても導入するメリットは沢山あります。一番は病院内の情報が一目で管理できるという事、そして作業効率が高まるという事です。電子カルテを記入できるようになるまで指導は必要になりますが、慣れれば手で記入するよりも格段に早く入力をすることが出来ます。それ以外にも、人の手ではどうしても間違った記入をしてしまうこともあり、その都度訂正をかけなければいけませんが電子カルテは自動で修正を行う機能が付いているのでそういうことも無くなります。医療の現場では間違いはあってはならないので、そういった点も電子カルテの導入により回避することが出来ます。

電子カルテを導入した病院の医師の評価

電子カルテを、実際に導入した病院で働く医師は電子カルテについてどのような意見を持っているか気になるところです。やはり実際に使用している、したことがある人の意見はとても貴重ですので参考に聞いておくと良いです。電子カルテには様々な種類があります。実際に使用する人によって電子カルテをカスタマイズできるシステムのものもあります。自分の好みにすることが出来るのは作業効率の向上にもつながります。人それぞれ同じ診療方針でもカルテも見方や記入の仕方は様々ですのでそういった仕組みは喜ばれますので医師からの評価も高いです。また記入が手書きのような感覚で出来るタイプの電子カルテもあります。操作方法が比較的、安易な方がやはり喜ばれるポイントになります。電子カルテを初めて導入する場合医師や看護師に向けた勉強会が行われるわけですから操作は簡単な方が指導する側にも喜ばれます。